城崎温泉つばきの便り

2013年10月アーカイブ

正調安来節

yasugibushi_1.jpg先日ご宿泊いただいたグループ旅行のお客様の中に、安来節の全国大会で準優勝された方がおられ、宴会時の余興でその妙技を披露してくださいました。

 

 

安来節とは・・・

 

安来節とともに踊る伝統的な民俗舞踊として「どじょうすくい」があり、代表的な御座敷芸とされている。

どじょうすくいのひょっとこ顔で有名。男踊りのどじょう掬いは実は、この周辺の名産である安来鋼を作るたたら吹き製法の際に原料として使われる砂鉄採取の所作を踊りに取り込んだものとされる。一説には「どじょう」は「土壌」であると云う。 しかしながら、実は本当に踊りながら(振り付けのドジョウが逃げる動作も含めて)ドジョウがすくえてしまうということも発見されている(探偵!ナイトスクープの依頼より)。

「安来節」も「どじょうすくい」も宴会等で演じられる際は、手拭をかぶり笊を持ち割り箸を鼻の穴に差込み周囲の手拍子をもとにひょうきんさを前面に押し出し演じられるが、実際には根拠がないものである。(ウィキペディアより)



yasugibushi_2.jpgたくさんシャッターを切ったのですが、カメラが小さかったのと近くで撮ったため、ほとんどの画像がブレまくっていました。これはなんとか成功した方です。

とてもいいものを披露していただいたのに、皆様にうまくお伝えできないのが残念です。



もうすぐ忘年会の時季です。つばきの旅館では宴会場に小さいですが舞台がありますので、余興やかくし芸を取り入れた宴会を計画されてはいかがでしょうか。
 

今年も秋祭りの季節がやってきました。城崎は曜日に関係なく開催されますのでご注意ください。

akimatsuri_1.jpg下部のだんじりです。

akimatsuri_3.jpgお神輿さんです。このお神輿に温泉の神様が乗り移られ、町中を練り歩きます。だんじりはそのお世話をする役は我だとアピールするために町内を練り歩き、出会えばセリをするというのが祭りのストーリーです。

akimatsuri_2.jpg昨年10月15日、本宮の地蔵湯橋の上で行われたセリの様子です。セリはまんだら橋、地蔵湯橋、一の湯大橋の3か所でおこなわれます。勇壮なセリを見にぜひお越しください。